青汁を飲まないほうがいい人とは

こんな方は注意!青汁を控えた方がいい人とは?

あらゆる栄養素を手軽に摂取できる青汁は、健康にも美容にも高い効果があります。

原材料は野菜ですし、化学薬品などはいっさい含まれていませんから、基本的に副作用もなく安心して飲むことができます。

そんな万能な青汁ですが、実は飲んではいけない人もいるので注意しましょう。

腎臓疾患の方は特に注意!

飲んではいけない人とは、腎臓疾患のある方とワーファリンなど抗凝固剤を服用している方です。

青汁の原料となる野菜には、カリウムが豊富に含まれています。

カリウムは酵素を活性化したり、細胞の代謝を促したり、神経や筋肉の収縮などをサポートする栄養素で、過剰摂取しても不要な分は尿や便で排出されます。

ただし、腎不全など腎臓に疾患がある場合は、カリウムの排出が正常に行われないため、カリウムを摂取しすぎると高カリウム血症が起こります。

高カリウム血症になると不整脈が起きたり、最悪の場合心肺停止の状態になってしまいます。

カリウムは人間に必要な栄養素ですが、食材のほとんどに含まれているので、青汁を飲むと過剰摂取になります。

ですので、腎臓疾患のある方は青汁は飲んではいけないのですね。

ワーファリンやクエン酸ナトリウムなどの抗凝固剤は血液が固まらないように、人工的にサラサラにする薬です。

心疾患や脳梗塞、血栓、重度の動脈硬化が起こっている人などは、血液の流れが滞って血管が詰まるのを防ぐため抗凝固剤を処方されます。

青汁には血液を固める働きを持つビタミンKがたっぷり含まれているので、青汁を飲むと抗凝固剤の効果がなくなります。

効果がなくなるだけではなく、血液の状態によっては詰まりが起きて疾患が重症化してしまうこともあるので、抗凝固剤を服用している方も青汁を飲むのは危険です。

それでも健康効果のために飲みたいという方は、必ず担当医に相談してください。

アレルギーの方は原料をチェック

また、飲んではいけないということではないものの、アレルギーを持っている方も注意しましょう。

青汁には野菜だけではなく他の食材も原料として使われていますし、商品の差別化のために特殊な栄養分を配合しているものもあります。

だからこそ栄養価が高いのですが、含まれる成分によってはアレルギー症状を発症することもあるので、アレルギーを持っている方は成分をしっかりチェックしましょう。

それに、いくら栄養が豊富で体に良いと言われる青汁でも、過剰摂取すると下痢や便秘などの症状が起こることもあります。

健康食品であっても摂りすぎは体に負担になったり、成分を変成させてしまうので、決められた摂取量を守って正しく飲むことが大切なのです。