妊娠中、授乳中に青汁は飲んでもOK?

妊娠中、授乳中の青汁

青汁は豊富な栄養素を含んでいるため、健康向上や健康維持には最適な飲み物です。

しかし、妊娠中や授乳中の女性の方は、赤ちゃんのこともあるので、健康の為にも飲みたいと思ってはいても果たして、それが良いのか悩んでしまいますよね。

そこで、今回は、青汁と妊娠との関係をご紹介したいと思います。

妊婦さん、授乳中のママさんが青汁を飲むのはOK?NG?

青汁は、非常に豊富な栄養素がありますが、赤ちゃんに悪影響を及ぼす薬は含まれておりませんので、妊婦さんも安心して飲んでもOKと言うのが一般的な解釈です。

また授乳中も問題ないことがほとんど。栄養素が豊富に含まれている青汁は授乳中のママさんや赤ちゃんにはむしろ最適なのです。

しかし、中には美容向けに妊娠中や授乳中の摂取が好ましくないダイエット成分、美容成分、添加物を加えていたりすることもあります。

野菜不足を補う為のビタミン、ミネラル摂取の為なら、原材料が野菜や果物オンリーのシンプルな青汁の方が良いでしょう。

ほとんどのメーカーでHP上などで妊娠中の摂取について言及しておりますので、飲む前には必ずチェックしましょう。主治医にも確認しておいた方がより安心です。

過剰な葉酸摂取はNG

葉酸には、赤ちゃんの神経管閉鎖障害を予防する効果があるため、厚生労働省では妊婦さんには1日400マイクログラムの葉酸の摂取を推奨しています。

しかし、葉酸を過剰に摂取した場合、逆に赤ちゃんに悪い影響を及ぼすということも分かっています。また流産や死産の危険性も高くなるそうです。

過剰摂取の目安は約1000~10000マイクログラムほど。必ず決められた量の葉酸を摂取することが大切となります。

メーカーにもよりますが、青汁には1杯あたり約150ugの葉酸が含まれています。1日に2~3杯の青汁を飲むと1日の推奨量に十分な量が摂れてしまいます。

女性にとって必要なビタミンとして知られているので、色んな健康食品で「葉酸プラス」と言う文字を見かけます。

葉酸を摂取するつもりで飲んでいないサプリにも意外な量が含まれている事があるので、成分表をチェックしてみてくださいね。

食事などからも摂れるので、過剰摂取にならないよう飲む量を調整しましょう。

また、妊婦さんでなくても葉酸の過剰摂取は、発熱、呼吸障害、吐き気、下痢、発疹、アレルギーなどの症状が出たりする場合もありますので、注意しましょう。

妊婦の便秘に青汁は有効

妊娠をすると便秘しやすくなると言われています。

その理由はいくつかあり、まずひとつめは女性特有のホルモンである黄体ホルモンが活発に働くようになり、腸の運動に影響を及ぼしてしまうこと。

そして、もう2つめは水分不足による便秘です。妊娠するとお腹にいる赤ちゃんにお母さんの水分が届くようになるため便が硬くなってしまいます。

3つめは、お腹が大きくなることで、腸が圧迫を受けて便が出にくくなる、と言う原因です。

解消の為に、市販の便秘薬や病院で処方される便秘薬を利用するという妊婦さんもいますが、なるべく妊娠中には薬の服用は避けるほうがベストです。

病院で処方される薬はまだ良いですが、市販の便秘薬には大腸を強く刺激して、便意を起こすものが多くあります。

効果は高いものの、副作用もあり、子宮収縮を引き起こしたり、流産や早産を招く恐れもあるのです。

やはり理想は野菜を多く取る、水分を適度に摂ると言う事。

青汁には野菜の食物繊維や水分もたっぷりと含まれていますので、妊娠中の便秘でお悩みの女性にはお勧めです。

手軽さも妊婦さんにとっては嬉しいポイント

妊娠中の方は、様々な体の変化から体調も崩しやすくなります。

お母さんと胎児は一心同体なので、妊婦さんが体調を崩しますとお腹にいる赤ちゃんにも影響が出てしまう場合も。

妊婦さんにとって体調管理は特に気を使わなくてはならず、そのためにはバランスの良い食事が不可欠です。

しかし、妊娠中に食の好みが変わった、と言うのはよく聞く話です。
特につわりの時は食べられるものが限られたり、ジャンクなものばかり食べたくなったり、食事情が様変わりすることも多いようです。 食欲が増進したり、逆に全く食欲が無くても栄養バランスは崩れてしまいますよね。

水に溶かすだけで手軽に飲める青汁は、つわりの時やお腹が大きくなって動くのが億劫な時期には嬉しい存在。

お腹の赤ちゃんとご自身の為に、青汁を活用してみてください。