青汁アレンジ術!

青汁の味が苦手なら…おすすめアレンジ

青汁と言えば、いまだに「マズイもう一杯」というキャッチコピーを思い出す方も多いでしょう。

商品をマズイと言い切るインパクトの強さで一躍有名になった青汁ですが、最近はどんどん進化していて、独特の青臭さや苦味も軽減されています。

ただ、原材料の栄養素を壊さず、できるだけたくさん摂取するには、製造過程を少しでも減らした方が良いので、栄養素が豊富な青汁はやっぱり飲みづらいものが多いです。

そのせいで、青汁は飲みたいけどどうしても飲めないという方もいるでしょう。

ですがちょっとした工夫で飲みやすくなりますし、毎日同じ味で飽きてしまったという方にオススメのアレンジ術があるので参考にしてみてください。

不味い青汁も美味しいスイーツに変身!

まず鉄板の飲み方は、牛乳や豆乳で割ったりはちみつを少し加えるというアレンジです。

乳製品で割ると青臭さが激減して苦味もなくなり、さらにはちみつの甘味が加わるととても飲みやすくなります。

それに牛乳にはカルシウム、豆乳には大豆イソフラボン、はちみつにはローヤルゼリーなど栄養が含まれているので、混ぜて飲むことでより栄養価を高められます。

また、最近は青汁のスムージーも人気です。

青汁と牛乳(豆乳)、バナナやりんご、いちごなど好きなフルーツをミキサーで攪拌するだけで、手軽に青汁スムージーが作れます。

野菜を使ったグリーンスムージーよりも簡単ですし、青汁の味はほとんどしなくなり飲みやすいです。

それにフルーツの酵素が、青汁の栄養素の吸収や働きを助けるので、健康や美容への効果が高まります。

フルーツ、野菜ジュースでも

もし乳製品が苦手であれば、フルーツジュースや野菜ジュースで割るといいですね。

果物や野菜が持っている栄養をさらに強化できるというメリットもあります。

ただしジュース系は糖分が多いので、必ず果汁100%のものを選び、飲み過ぎないように気をつけましょう。

飲み物以外の使い道も

飲むのに飽きた、どうしても喉に入っていかないという場合は、ヨーグルトにふりかけてみてください。

低糖のヨーグルトや果肉入りのヨーグルトなら、青汁の苦味を和らげてくれますし、野菜が原料なのでヨーグルトと合わせても違和感はほとんどありません。

コーンポタージュなど甘めでこってりしたスープ系にも合うので、朝食に加えるのもオススメです。

どうしても飲目ないという場合は、ホットケーキミックスに混ぜてホットケーキにしたり、クッキーや蒸しケーキを作るベーキングパウダーに混ぜてみましょう。

色は緑っぽくなりますが青汁の味はしませんし、お菓子が苦くなったりすることもないので無理なく青汁を摂取できます。

このように青汁はいろいろなアレンジ術があるので、楽しみながら摂取していきましょう。